津谷祐司 公式サイト

雑感ノート

会社改革の500日 :もくじ

【R3 vol.12】スクリーンタイムを楽しむ

  リラックスタイムの過ごし方が面白かった   昨年後半はコロナ追い風が乱高下し苦戦が続いたが、今年は打ち手が効いて調子が上がってきた。皆さんの頑張りの賜物である。絶好調にはまだ遠いが、着実に積み上げ […]

【R3 vol.11】遊び心をパッケージング

  第5波収束も束の間、年初は第6波と、この半年はコロナ追い風が乱高下だが、ようやく業績が戻る兆しが見えてきた。年末年始を盛上げてくれた社員スタッフ、楽しんで頂いたユーザーさん、お礼を申し上げる。   […]

【R3 vol.10】反対側を考え、固定観念を引っぺがす

    追い風減で苦戦中だが、3~6ヵ月を目途に乗り越えたい 10月以降、魔法のように感染者が減り日常が少し戻ったのは喜ばしいが、アプリ業界としては追い風激減。多くの会社が業績悪化となり、ボルテージも […]

【R3 vol.9】思考停止より行動! 実践者たれ!

    メディアは不安をあおってばかり。人間の「危機本能」が利用されている。   経営者たるもの、たとえ厳しい状況下でも社員の皆を元気づけ盛上げたいと心掛けている。そのせいか、この1年半、コ […]

【R3 vol.8】4年振り通期黒字!「遊び精神」で「ゾーン」に入れ!

    4年振りに通期黒字を達成!みんな、よく頑張ってくれました!特に直近2年は、現場の課題解決力も全社マネジメントも着実にレベルアップした。 今後も成長を続けたいが、成熟市場のもとでは「遊び精神」み […]

【R3 vol.7】投資感覚を研ぎ澄ませ!

    月々の経費といえど、毎回が真剣勝負!   社内で、経費という代わりに「投資」という言葉を多用している。社員に「投資感覚」を磨いてもらいたいからだ。投資といっても株やビットコインでなく […]

【R3 vol.6】コロナ1年、家庭内議論と資本主義

    テレビ会議への備えで、家庭内での議論が激しくなった   テレワークも1年が過ぎ、テレビ会議には慣れたが議論がどうにもやりにくい。言葉がカブると通信がブツ切れるので相手の終わりを待って […]

【R3 vol.5】働く意味と生存本能

  前年比+11%の成長!   ボルテージの第2四半期は、Q売上が前年比+11%の成長、3Q連続の黒字達成!皆さん、よく頑張りました!日女と男性向けは絶好調、英女も復活の兆し。リアイベと電書は奮闘中だ […]

【R3 vol.4】「企業の目的」とドラッカー

  企業が目指すべきは何?   売上の極大化か、利益の幅か?新年、真新しい気持ちで会社の先行きを考える。突き詰めていくと最後は、「企業が目指すべきゴールは何か?」という疑問に行きつく。根源的な問いだけ […]

【R3 vol.3】2Q連続黒字!投資回収サイクルを廻す

  攻めの経営を加速する   今期最初の四半期(Quarter)、前期末から2Q連続で黒字を達成した!社員スタッフ皆さんの創意工夫のたまものである。施策にはヒットも不発もあるが、各部署からの週次報告を […]

【R3 vol.2】3年振り、Q黒字達成!

  追い風逃さず、しっかりキャッチする底力!   21期最後の4~6月、ついに3年振りとなるQ黒字を達成!社員&スタッフの皆さん、苦況にめげず、本当によく頑張ってくれました。盛大に乾杯したいところだが […]

【R3 vol.1】コロナ3ヵ月。追い風+新規ビジネス

  1年を前提にプランする   世間の情報を採択すると、新型コロナの治療法確立には1~1.5年は掛かりそうだ。 それまでは自粛と解除が繰り返され、第2波もありうる。   「新しい生活」は、3 […]

【R2 vol.10】上場10周年「成長のための資金調達」

  ボルテージは、本年6月11日、上場10周年を迎えました。株主様をはじめ、当社を支え、応援してくださったすべての皆様に、深く感謝申し上げます。   10年を振り返ると、上場で得たのは知名度や人材など […]

【R2 vol.9】全社テレワーク1ヵ月(社内報2020年5月号より)

  1.テレビ会議、雑談から始めよう   3月26日に全社テレワークを始めてから1ヵ月。皆さん、慣れない部分も多いかと思いますが、今のところ仕事はちゃんと回っていてホッとしています。   思 […]

【R2 vol.8】怒れる若者よ、コトを起こせ!

  今年は『物語アプリ×成長要素』で新しい展開を起こす。   今年2020年は『物語アプリ×成長要素』をテーマに、物語アプリを起点とし新しい展開を起こしていきたい。アプリをさらに進化させるのはもちろん […]

【R2 vol.7】人々の「生活を盛り上げる」

  リアイベに集まる女子。物語は彼女達の生活を盛り上げるために。   昨年は十数回の舞台イベントを開催した。会場ロビーに足を踏み入れるたび、目に飛び込んでくるのは、おめかしした女子達のウキウキした様子 […]

【R2 vol.6】ボルアワで感じたポテンシャル

  今年のボルアワは、隠れたノウハウ発見がすごかった。   おぉ、社内にはこんなにノウハウが開発されていたのか!全然知らなかった! 冗談でなく、そんな驚きが満載の実績アピール大会が今年も行われた。 & […]

【R2 vol.5】子育てと会社育て

  父と母には役割分担がある   ずいぶん前の話だが、週末、近所の公園で子供とボール投げをしていたときのこと。まだ幼い子供がビタンと転んでしまい、僕は駆け寄り起こしてやったのだが、子供は土を払う僕の手 […]

【R2 vol.4】朝瞑想で見えないものを見る

  気付きを得るため、朝瞑想を続けている   経済誌で「瞑想」や「メモの取り方」特集をよく見かける。複雑で変化の激しい現代社会を生き抜くため、「気付き」を得たい人が多いのだろう。僕もいろんな工夫を凝ら […]

【R2 vol.3】「新しい遊び」を生み出す

  株式会社ボルテージHP 代表メッセージより(2019年5月23日)   創業精神は、「アート&ビジネス」   創業のとき、企業理念は「アート&ビジネス」と決めました。目指すは、心を揺さぶ […]

【R2 vol.2】新卒セミナーで追加したこと

   2年ぶりに、新卒向けセミナーで話すことにした。学生たちと向き合うことで、事業展開のヒントを得れると思ったからだ。 20分で話したのは、なぜこの会社を作ったかという起業ストーリー。自分の就活、映画留学、社内 […]

【R2 vol.1】苦しい戦いの中で「対話」に目覚めた

  1.2年間の改革で、対話を再認識。    改革2年目の前期は、赤字に陥り、大変な一年だった。    背景にはアプリ市場全体の成熟がある。数年続いた急成長が年4%の緩やかさに落ち込み、上場 […]

【vol.8】20枚カードの活用で、新しいスタイルを創る!

  コンテンツメーカーがやるべきは、独自スタイルの創作だ   12月で3年改革の前半が終わる。バラ色のV字回復にはなっておらず、焦ったこともあった。しかし、今は落ち着き、やるべきことに集中できている。 […]

【vol.7】追わないと、叶わない

  目標をどの程度に設定すべきか?   会社経営で一番難しいのが目標の設定だ。特に改革期の今、新しい試みが多く先行きを見通すのは難しい。だが企業は、新しい価値を創造しつつ、ビジネスとしても成長させなけ […]

【vol.6】社員のマグマに火がついた「社内公募」

  「新しいヒット商品」を創りだす   企業は新たなヒット商品を生み出してこそ成長する。新たなヒットは既存のプロセスからは生まれない。生み出し方そのものを工夫しなければならない。これが次の改革テーマだ […]

【vol.5】 “逃げないリーダー”が勝利をつかむ

  稼ぎ方のスキルは、日頃の勉強はもちろんだが、実体験から学ぶしかない   500日改革を進める中で、避けては通れない道がある。リーダーの育成だ。僕一人が直接指導できる人数は限られるが、複数のリーダー […]

【vol.4】知られざるシリコンバレーの現場力

  アメリカのオフィスが波に乗っている理由 3月末、渡米しSFスタジオを訪れた。滞在は一週間。半年ぶりのSFスタジオは、かつてなく明るい雰囲気だった。毎月の利益はまだ赤字だが、壁のポスターやレイアウトが新しくな […]

【vol.3】時代とともに会社を変える勇気

  永遠に通用する“戦略”はない 「オトナ女子のオタク化」が進行している。「オタク」といえば、20年前には、独自の世界に引きこもってマイナーな趣味を楽しむ人、というネガティブなイメージがあった。特にアニメや恋愛 […]

【vol.2】セッションという名の会議を楽しむ

  社員が本音でぶつかり合う会議「セッション」 500日改革のひとつに、「セッション」という会議体の導入がある。セッションというのは、ジャズバンドが重低音のベースに、ドラム、ピアノを絡め即興演奏する、そんなイメ […]

【vol.1】最初の200日で、社員の意識を変える

  東証一部上場の知られざる副作用 東証一部上場に向けて、無我夢中で走った12年間。それは決して、間違いではなかったと思っている。1999年にボルテージを設立。恋愛ゲームというオリジナルジャンルを立ち上げ、20 […]

このページの先頭へ